特別支援教育支援員養成講座

養成講座は(公開講座)12月23日が最終日です。

9月25日から始まりました、今年度の支援員養成講座はあと残り2日間となりました。公開講座としては12月23日の「感覚統合とは」が最後です。会場がまだ余裕がありますので、お申込みを受け付けております。作業療法士小松則登先生のお話はなかなか聴けませんよ!

ぜひ、どうぞ。

平成28年度特別支援教育支援員養成講座が始まりました。

●第1日目●
平成28年9月25日(日)、第1日目を終えました。

第1日目第1部は、文部科学省 初等中等教育局特別支援教育課  
特別支援教育調査官の 田中裕一氏をお迎えして
「通常の学級に在籍する発達障がいの子どもに対する
指導・配慮の基本的な考え方と実際」
について、お話していただきました。

第2部では、田中裕一氏を交えて
「話題提供を踏まえたワークショップ」を行いました。
◇話題提供者として
春日台特別支援学校特別支援教育コーディネーターの彦坂真紀氏
小牧市教育委員会こどものこころの相談室相談員 山本順大氏 
NPO法人春日井子どもサポートKIDSCOLOR 理事長 志村美和氏

特別支援教育支援員の働き方

平成28年度特別支援教育支援員養成講座が9月25日より始まります。KIDSCOLORのこの養成講座は平成26年度から始まり、今回で3回目を迎えます。講座が始まった当初はまだ春日井市には支援員の雇用はありませんでした。しかし翌年には6名、今年度は16名の支援員が雇用されました。春日井市ではまだ中学校での配置は有りませんが、小学校での働き方の1例をご紹介します。

 

★春日井市雇用の支援員Aさん★

昨年度KIDSCOLORの養成講座を受講して今年度春日井市の雇用になったAさんは毎週木曜日に予定があり、その他の月曜日から金曜日までで、「週20時間程度」という春日井市の雇用形態を配置校の先生方と相談の上、木曜日を除く毎日8:30~13:30の5時間ずつ4日間働いています。

 

支援員の勤務時間は上記のように週20時間程度となっています。お子さんが小さい方でもおおよそお子さんの帰宅時間に間に合う形で働くことができます。KIDSCOLORの養成講座を受講される方の多くはご自分の子育てに活かされたい方や、すでに子どもの支援に関わる施設等で働いている方がスキルアップの為に受講される方が多く、(もちろんそれでも大歓迎です!)春日井市の小学校で雇用の支援員として働いていただけそうな方が少ないのが現状です。KIDSCOLORの講座を受講したからといって必ず雇用決定ということは有りませんが、支援員になられてからも共に学び合い、バックアップさせていただきたいと思います。子どもが大好きな方!ぜひ支援員さんになりませんか?

携帯版ホームページ

携帯のバーコードリーダーでQRコードを読み取ることで、携帯版ホームページへアクセスできます。

NPO法人春日井子どもサポートKIDS COLORモバイル
このページのトップ